R3,短詩 「桜の老木」

桜の老木

庭の桜が今年も満開になった
あたたかい春の陽射を浴びて
真珠のように輝いている

近づくと
根もとの樹皮は朽ち
幹には大きな空洞が巣くっている

年と共に傾き
いま50度の姿勢を維持しながら
いつ急に土の角度になるか桜も知らない

それでも毎年無数の新芽を出し
若枝を空に伸ばして
純白のきれいな花を咲かせる

根もとは朽ち
空洞は広がっても
強靭な意志が満開を支えている

桜の季節も終わりました。この老木は、毎年きれいな花を咲かせます。入学式がおわると、毎年この桜の木の下で子供たちの写真を撮ったものです。
(ブログ 詩の散歩道 詩作品紹介 劇研「空」 短詩20210403すはま)

「R3,短詩 「桜の老木」」への1件のフィードバック

  1. 桜というより何だら
    梅の古木のような風情で立っとる感じだに。
    長いこと日陰でひょろひょろの瘦せだったに、
    今ごりゃうれしげに。
    歌にも詠まれて、なおうれしゅかろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です