R1,横田高演劇部全国大会前公演(7/6大社うらら館)

大社の「うらら館」で第14回島根県高校文化フェスタが開かれ、10時から展示鑑賞、13時30分から舞台発表があり、14時30分から横田高校の創作劇『雨はワタシの背中を押す』(伊藤靖之・作)が上演されます。横田高は昨年中国地区大会で最優秀賞(文部大臣賞)を受賞、7月27,28,29日、佐賀県の鳥栖市民会館で開催される第65回全国高校演劇大会(43回総合文化祭)で上演します。(写真は県民会館で島根県大会が行われた時の横田高校の舞台写真。講師審査の一員として参加しました)

4月に全国大会の案内が事務局(市立広島商業、黒瀬貴之先生)からきました。ぜひ行きたいと鳥栖市のホテルを捜しましたがすべて満員。あきらめていましたが、昨夜の伊藤先生からの電話では、北九州市から約15分だとのこと。行きたいね。うらら館での公演も行って声援しないとね。夜は大田で「万引き家族」。空のみなさん、都合はどうですか。オペラ「石見銀山」の練習も始まり、第10回「朗読を楽しむ」もあり、忙しい文化の秋の始まりです。(ブログ 詩の散歩道 お知らせ 高校演劇 20190703suhama)

大社の「うらら館」で第14回島根県高校文化フェスタが開かれます。10時から展示は鑑賞できますが、13時30分から舞台発表があり、2時30分から横田高校の創作劇『雨はワタシの背中を押す』(伊藤靖之・作)が上演されます。横田高は昨年中国地区大会で最優秀

「R1,横田高演劇部全国大会前公演(7/6大社うらら館)」への1件のフィードバック

  1. 松本夫妻と共に観劇してきました。脚本や演出に創意工夫のある新鮮な舞台でした。後半の瓦礫をバックにした場面は圧巻でした。雲南市の創作劇「麒麟児」に出演して身に着けた表現の効果が出ていて迫力がありました。松本君も「熱演でしたね」と感想を述べていました。前半は面白い発想のpieceの積み重ね舞台ですが、平板になると説明臭くなるので、表現に工夫が必要だと思いました。現代の教育や若者の生き方を批判的に鋭い視点で描いていますが、それに対する説得力のある答えも舞台で見せてくれる深みのある考えさせる劇でした。脚本を書かれた伊藤先生には感想のレターを送っておきました。全国大会での劇評が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です