H31 40年ぶりの詩集『春の残像』(洲浜昌三詩集)

戦後の一時期(我が青春時代)、詩は混迷した精神を純化、解放し、心に安らぎや豊かさ、指針を与えてくれる存在でした。今、詩は読まれない時代です。教えている専門学校で毎年アンケートをとりますが、「最近詩を読みましたか」という問いに、毎年全員「いいえ」に〇がつきます。書店にも詩集はありません。そういう中で詩集を出しました。長い間書いてきた200篇以上の詩から、44篇を選び、詩に関するエッセイを巻末に載せました。「分かる言葉で心に響く詩」が目下の詩への向き方です。読んで面白く、感動や発見があり、歴史や記録としての確かさ、面白さ、笑いもある。そんな作品を選びました。次のように多様な内容の詩を載せています。

Ⅰ   共に過ごした生徒たちの青春、我が青春の遠いシルエット(10篇)
Ⅱ  自然、震災、命、言葉、詩、社会 公害 ‥‥今を見つめて(12篇)
Ⅲ 石見銀山、三瓶山、石見の歴史、風物、方言、人物考(12篇)
Ⅳ ふるさとの父、母、家族、子供たち、友、‥‥暮らしの中から(10篇)
Ⅴ エッセイ「詩とは何かを求める長い思考の旅」
表紙の絵は松江市在住の美術家・北雅行先生の版画です。仁摩町大国の龍厳山で頂上には石見城跡があり、銀山争奪戦拠点の一つでした。北先生の版画は本の中にもあり、とても好評です。
詩集の「あとがき」をPDFで紹介します。詩など読まれない時代に、どんなつもりで詩集を出したかを書いています。興味がある人はどうぞ。

洲浜昌三詩集 「春の残像」より「あとがき」

コールサック社と共同自費出版で、大半の何百部は贈呈用です。40年前に詩集『ひばりよ 大地で休め』を出した時には大田市にも、ロマン書店、本田書店、昭和堂などあり、いろいろな本を気軽に置かせてもらったものですが、昨年最後の砦・昭和堂も、時代の荒波を浴びてついに落城!(落店?)。個人書店はゼロになりました。唯一チェーン店「ジャスト大田店」だけですが、そこに本社の許可を得て置かせてもらっています。ネットを見ると、たくさん宣伝していますが、著者とは無関係です。頼んだわけでもありませんし、金銭的な関係もありません。もし入手希望があり、ご連絡いただければ、消費税や送料なし(1500円)で、お送りします。読んでいただければ幸せです。詩が持っている言葉の力、魅力を少しでも見直したいものです。
(ブログ 詩の散歩道 詩集・本の紹介 20190112 すはま)

0 Comments


  • No Comments

コメントをどうぞ