Monthly Archive for 1月, 2019

H30 栗田好子詩集『ありがとうの色』書評(「石見詩人」141号より)

「石見詩人」(益田市 高田頼昌 編集)141号が平成30年12月、発行されました。以前は季刊でしたが、現在は年2回です。その中で栗田好子(益田市中島町)さんの第2詩集『ありがとうの色』の詩集評をかきましたので、表紙、目次と共に紹介します。(石見詩人 🏣698-0004 益田市東町17-15)


『石見詩人』は、昭和29年に益田市で誕生した伝統のある詩誌ですが、同人も高齢化、人数も少なくなりました。継続するのは楽ではありませんが、もう少し頑張る、と編集者は熱い思いを述べています。
『ありがとうの色』は2018年1月、石見詩人社から発行。第一詩集『透きとおったときよ』は2002年。16年ぶりです。一人の女性が不安や孤独を抱えつつ、前向きに誠実に歩んできた心の軌跡を見つめ、触れ、感じ、味わうことができるいい詩集です。栗田さんは、8月に益田の喫茶店で「詩とイラスト」展を開催、とても好評だったそうです。分かり共感がある詩なので可能な作品展だったのでしょう。詩が紙の上に閉じこもらずに、街へ出て行くのはいいことですね。次のPDFは詩集の証票です。興味がある人は開いてみてください。

H31、ブログ 詩集評 栗田好子詩集『ありがとうのいろ』「不安孤独をバネに明るい広い世界へ」2段30字×18行

このブログでは、出来るだけ詩人の詩集などは紹介するつもりですが、たくさん詩集が届きますので、いい詩集があってもみな紹介する時間的余裕はありません。少なくとも山陰地方の詩集は紹介したいと思っているのですが、思うようにいきません。詩は読まれない時代。少しでも知ってもらい、励みになればと思い、少しづつ紹介していきたいと思っています。(ブログ 詩の散歩道 詩集や本の紹介 20190130 すはま)

 

H31 40年ぶりの詩集『春の残像』(洲浜昌三詩集)

戦後の一時期(我が青春時代)、詩は混迷した精神を純化、解放し、心に安らぎや豊かさ、指針を与えてくれる存在でした。今、詩は読まれない時代です。教えている専門学校で毎年アンケートをとりますが、「最近詩を読みましたか」という問いに、毎年全員「いいえ」に〇がつきます。書店にも詩集はありません。そういう中で詩集を出しました。長い間書いてきた200篇以上の詩から、44篇を選び、詩に関するエッセイを巻末に載せました。「分かる言葉で心に響く詩」が目下の詩への向き方です。読んで面白く、感動や発見があり、歴史や記録としての確かさ、面白さ、笑いもある。そんな作品を選びました。次のように多様な内容の詩を載せています。

Ⅰ   共に過ごした生徒たちの青春、我が青春の遠いシルエット(10篇)
Ⅱ  自然、震災、命、言葉、詩、社会 公害 ‥‥今を見つめて(12篇)
Ⅲ 石見銀山、三瓶山、石見の歴史、風物、方言、人物考(12篇)
Ⅳ ふるさとの父、母、家族、子供たち、友、‥‥暮らしの中から(10篇)
Ⅴ エッセイ「詩とは何かを求める長い思考の旅」
表紙の絵は松江市在住の美術家・北雅行先生の版画です。仁摩町大国の龍厳山で頂上には石見城跡があり、銀山争奪戦拠点の一つでした。北先生の版画は本の中にもあり、とても好評です。
詩集の「あとがき」をPDFで紹介します。詩など読まれない時代に、どんなつもりで詩集を出したかを書いています。興味がある人はどうぞ。

洲浜昌三詩集 「春の残像」より「あとがき」

コールサック社と共同自費出版で、大半の何百部は贈呈用です。40年前に詩集『ひばりよ 大地で休め』を出した時には大田市にも、ロマン書店、本田書店、昭和堂などあり、いろいろな本を気軽に置かせてもらったものですが、昨年最後の砦・昭和堂も、時代の荒波を浴びてついに落城!(落店?)。個人書店はゼロになりました。唯一チェーン店「ジャスト大田店」だけですが、そこに本社の許可を得て置かせてもらっています。ネットを見ると、たくさん宣伝していますが、著者とは無関係です。頼んだわけでもありませんし、金銭的な関係もありません。もし入手希望があり、ご連絡いただければ、消費税や送料なし(1500円)で、お送りします。読んでいただければ幸せです。詩が持っている言葉の力、魅力を少しでも見直したいものです。
(ブログ 詩の散歩道 詩集・本の紹介 20190112 すはま)