Monthly Archive for 7月, 2016

H28 高橋留理子詩集『たまどめ』紹介(大田市在住)

2016年3月、高橋留理子さんの第一詩集『たまどめ』がコールサック社から出版されました。高橋さんの出生地は群馬県安中市ですが出雲市で育ち、現在は大田市にお住まいです。初期の詩から最近の詩まで多彩な40編の詩が収録されています。物語性のある心に響く詩がたくさんあります。劇研「空」では9月17日に市民会館で計画している第7回「朗読を楽しむ」でも数編取り上げる予定です。

H28「たまどめ」高橋留理子

戦争に関する詩や韓半島で暮らす孫娘に寄せた詩は感動を呼びます。中日新聞(5/3中日春秋)や東京新聞のコラムでも、詩「たまどめ」を引用して論説委員が書いています。

『現代詩手帳』6月号の「詩書月評」では阿部嘉昭氏が、「色価」という言葉を使ってこの詩集を論じています。「~夫へのおもい、韓国で結婚生活をする息子への郷愁、亡母への哀悼、旧友との同調など、通用性のある情を詩篇ごとに吐露するこの作者は、勤勉な歴史取材とともに、ことばのならびの色価によって読む者を魅了してゆく。~ 」(一部のみ)

「コールサック」の依頼を受けて、スハマクンは『コールサック』86号に詩集評を書きました。DSC07290
その文章をPDFで紹介します。ここでは部分的に手を入れています。興味がある人は目を通してみてください。詩集を購入したい人は、コールサック社(03-5944-3258)へどうぞ。2000円です。

H28 書評 高橋留理子詩集『たまどめ』 2段組31字×22行

個人的な私情だけを書いた詩ではなく、深い個人の心情から発して、民族、戦争、平和など普遍的なテーマを豊かな感性で書いた詩がたくさんあります。一過性ではなく、時がたっても何かの折に読まれていく詩だと思います。