Monthly Archive for 8月, 2011

詩 樹齢45年アソカの樹

 

樹齢四十五年 アソカの樹 shouchan
「お元気ですか」
風のように自由自在になってしまわれたあなたへ
こんな言葉をかけるのはちょっと変ですね
でも 会議を終えてさっき別れてきたかのように
いつものあの慈眼と笑顔が今日もぼくの目の前にあるのです

秀陽先生 ー ああ それから それから 昭英先生 …
とうとうこの日がきました
この国は一体どうなっていくのでしょう

街でアソカのバスを見るたびに思い出します
「アソカという言葉は古代インドのサンスクリット語で
お釈迦様はルンビニー園のこの樹の下で誕生されました
中国ではその意味をとって漢字で無憂樹(むゆうじゆ)と書きます」
そう教えてくださったのは先生でしたね

まだ一度も見たこともないアソカの樹
あの時からこの樹はぼくの中で大きくなっていったのです

みどりの葉を空に広げ 香り高い美しい花をつけたアソカの樹ー
その下でぼくの二人の子も「光りの子」として育てられ
大勢の友達と「みんな優等生」となって巣立っていったのです
憂(うれ)いの無い空のように澄んだ目で
この樹は千人を越える「アソカの子」を見てきたのです

樹齢四五年に育ったアソカの樹
壮年期に入った大木アソカの樹
その下で明るい声が絶えなかった幼稚園

過去の思い出となり 未来の夢は語れなくなっても
先生
アソカの樹は大きくなっていきますよ
ぼくの心の中で
千を越える多くの人たちの心の中で

 

(文集アソカへ頼まれて書いたものです。秀陽先生は創立当時の園長先生でした。昭英先生は次の園長先生でしたが、若くして他界されました。触発されて「ミネコ先生の傘」という詩を書いていますが、いつかいつかと思っている内にいつか…。みんな素敵な人たちでした。お世話になったマイサンが大学を出て中国で十数年働きちょうど日本へ帰った時に閉園式が行われました。当時お世話になった先生方へ感謝の言葉を述べお礼の花束を渡しました。Shouchanは文集アソカには10数編詩を頼まれて書いています。素直に書いた詩ですから自分でよんでも心に響くものがあります。いつかまとめてお世話になった人たちに贈りたいものですね)

 

H23 『中四国詩集』第4集を刊行

2011年7月、『中四国詩集』第4集(2011版)を刊行しました。第一集は2002年に発行しています。3年に一度発行することになっています。4集では109篇の詩が載っています。

 作品を載せないと内容もわかりませんが、題と名前だけでも紹介しましょう。それぞれ存在感のある作品で個性的です。何を書いているのかわからないというような作品はほとんどありません。春の若葉や青葉、秋の紅葉などいっぺんに眺めるような豊かさが読後に残ります。

53ページの作品は岡山の一瀉千里さんの『土江こども神樂団(大田市)』という詩です。中四国詩人大会を三瓶で開きましたが、その時「土江こども神樂団」にお願いして石見神楽を舞ってもらいました。そのときのことが素材になっています。いつかどこかで紹介しましょう。

序「詩になにができるか」を紹介しておきます。東北大震災が3月11日に起こりましたが、この詩集はそれ以前に募集を締め切っていますので、大震災や福島原発事故を反映した作品はありません。序は大震災後に書いたものですが、言葉を失った状態でした。

この詩集は岡山市の和光出版から出版されています。編集長は岡山の蒼わたるさんん、編集委員は壺阪輝代さん、今井文世さんです。頒布価格は1500円。事務局は692-0014 安来市飯嶋町1842 山根方 川辺 真です。残部はまだありますのでどうぞ。主な図書館には寄贈しています。3年後に参加したい人はぜひ中四国詩人会へ加入してください。年会費3000円です。

2011年7月に岡山市で開かれた理事会のスナップです。今年の10月1日には四国の四万十市で大会が開かれます。

田所出身の作家・小笠原白也のこと(1)

小笠原白也は島根県邑智郡邑南町(合併前は瑞穂町)田所の生まれで、明治39年に大阪毎日新聞主催の懸賞小説で一等になり新聞に掲載されて本になると8版を重ねるベストセラーにもなり、劇や映画になり人気を博した作家です。しかし現在その名前を知っている人はほとんどいません。このままでは完全に過去の歴史に中に埋没してしまいます。

幸いなことに、山陰中央新報が続「人物しまね文学館」を平成22年10月1日から毎週金曜日に連載中です。今回、同じ田所生まれという縁もあり、白也を担当していろいろ調べました。郷土の人たちにとっては白也の小説や業績は文化的な宝ですが資料がほとんどありません。新たなことが分かれば最高です。白也を研究したという人、大阪の小学校校長時代のことを知っている人、大阪毎日新聞記者時代の記録、本や劇の台本を持っている人、白也の映画をみたという人、白也が書いた随筆等々、新たなことをぜひ知りたいものです。次の文章は「人物しまね文学館」に多少手を加えています。そのうちNO.2を書きます。ではNO.1です。

 (写真は田所公民館が復刻版を出したときに掲載されたものです。漢文や漢詩に通じ、毛筆は力強く普通の書道家の域を超えています。田所に「不老泉」という銘酒がありますが、その字は白也が書いたものです。)

小笠原白也 『嫁ヶ淵』で人気作家に                                        洲 浜 昌 三

邑南町井原に国の名勝に指定された断魚溪がある。両岸にそそり立つ断崖絶壁の谷底に清流が流れ、広い岩盤や奇岩、滝、淵など渓谷の景観は峻厳な山水画の世界である。
30代後半で大阪の小学校校長だった小笠原白也は、故郷の断魚溪を背景にして小説『嫁ヶ淵』を書き、大阪毎日新聞の懸賞小説で一等に入選、明治40年(1907)1月から3ヶ月間連載され評判を呼んだ。東京の金尾文淵堂から単行本になって出版されると重版を重ね、後編の執筆を依頼されると、これも好評で大正3年には8版に達した。
ちなみに、津和野出身の中村春雨(吉蔵)も明治34年に小説『無花果』で大阪毎日で一等になっている。当時は新聞社が競って小説家を社員に抱えた。連載小説が当たると新聞の部数も飛躍的に伸びたからである。

(上の写真は「嫁の飯銅」(よめのはんどう)飯銅というのは水などを蓄えておく大きなかめのことで、石見地方では井戸水などを汲んでその中に入れ台所の隅などに置いていた。淵をよく見ると表面はすべすべしていて深く、まさに飯銅の一部のように見える。「断魚溪はもともと魚切とよばれ、嫁ヶ淵は嫁の飯銅と呼ばれていた」と白也は山陰新聞の随筆に書いている。)

嫁ヶ淵はもと「嫁の飯銅」と呼ばれていた。「嫁のはんどう」では題として変なので「嫁ヶ淵」と白也は名付けた。正義感の強い主人公の矢上政八は妹の梨花と二人暮らし。大地主の井原猛夫は東京から子爵を招き梨花に接待させる。梨花は子を宿すはめになり嫁ヶ淵へ身を投げようとして助けられ京都で子爵の別邸に囲われる。村の指導者定吉の妻は井原の伏魔殿で同じ目にあい嫁ヶ淵へ身を投げる。定吉は小作人の暴動で井原を斬りつける。井原は矢上に財産を任すと言って息絶える。矢上は井原の娘・弓子と結婚。小作人との土地問題を解決していく。
この小説は各地で劇になり、明治43年には吉沢商店制作、昭和7年には新興キネマ制作で8巻の映画になった。
小笠原白也(本名は語咲)は明治6年6月10日、邑南町田所上、堂所谷の梅田屋に生まれた。小学校の代用教員をしていたが20歳ごろ志を立てて大阪へ出て関西法律学校(現関西大学)で学び、念願の教職についた。此花区上福島北に住み、啓発小学校などの校長を務めたが、小説入選を機縁に大阪毎日新聞へ入社、後に校正課長なども務めた。昭和10年(1935)62歳で退職すると顧問になり同社下請け会社の青年学校校長として新聞人育成に力を注いだ。
白也には10冊の本がある。『嫁ヶ淵』は田所公民館が昭和60年に復刻版を出しているが他の本は図書館にもない貴重本である。
『女教師』『見果てぬ夢』『妹』『三人の母』『此の一票』。以上は長編小説。
『此の一票』は長編小説。『三人の母』は明治45年に新聞に連載され帝国キネマの制作、曽根純三監督、歌川八重子主演で映画化。劇にもなり京都の明治座で『初時雨』と二本立てで上演、好評だったので延長して1ヶ月間公演された。(『嫁ヶ淵』は明治43年に吉沢商店が映画化、昭和7年には新興キネマが山路ふみ子主演で映画化。明治44年には『濡れ衣』が福宝堂の制作で映画になっている。)


『いそがぬ旅』『南朝山河の秋』は史跡を訪ねて綴った歴史随筆。『その夜』は次の三篇から成る。「僕等十人の兄妹」は各地で活躍する10人の兄妹が優しい母に来て欲しくて取り合うユーモラスな小説。故郷の地名や風景も出てきて実話を思わせる。「櫻姫」は時代劇脚本。「ハンザケ村」は鈍重不遜な山椒魚の姿を故郷の村人や父の実直な生き方に重ねてエールを送った文明論的な随筆。87歳で逝った父・語七郎への回想もある。
大正15年に『南朝時雨の跡』の近刊広告を出したが未刊に終わった。。昭和に入ってなぜ書かなかったのか。健康問題か。戦争に向かう時代との確執があったのか、文学的に行き詰まったのか。白也の著作は、山陰新聞へ寄稿した昭和15年の随筆「春窓閑話」しか確認できない。
当時の新聞連載小説は家庭小説と呼ばれ、『金色夜叉」のように女性の悲劇を描いて読者の感涙を誘い、ベストセラーになると映画や劇にもなって大衆に迎えられた。しかし自然主義やプロレタリア文学全盛時代になると通俗的で文学性がないと切って捨てられた。 感動的な力作を残し作家として名を成しながら、小笠原白也を知る人がほとんどいないのは、ここに原因の一つがある。雑誌や新聞での評論もなく、白也の時間は何十年も停止したままなのである。

(写真は旧瑞穂町が閉町記念として平成16年に発行した『みどりの山河を抱きしめて 環翠 写真で見るみずほの50年』より。白也の父は村のために大いに尽くした。とても歴史が好きで詳しかったらしく、白也はその影響を大いに受けている。父の記念碑ですが、白也の記念碑もほしいですね。その価値は十分ありますよ。)
白也は度々故郷へ帰った。昭和13年春には伯耆、出雲、石見の史跡を巡って帰郷し、婦人会や戸主会に頼まれて民家で百人を前に講話をしている。
石州軍が毛利軍に敗れたのは指揮者不在で団結力がなかったからだ、と得意な歴史をひもといて解説し、石州人特有の「負け嫌い」を越えて一致団結しないと村の発展はない、と語った。
昭和20年(1945)大阪で戦火にあい、敗戦間際に故郷の堂所谷へ帰ってきたが、翌年6月4日、73歳で帰らぬ人となった。
死に臨んで白也は所有していたすべての蔵書類を土に埋めさせて「文塚」を築かせたという。白也は何を示そうとしたのか。自己否定か。敗戦への悲憤か。占領政策への抗議か。日本の伝統文化喪失への落胆か。今になっては作品から推測するしかない。( 日本劇作家協会会員 )

田所の日高勝明さんは田所分校(今はない!)で一級下でした。高校時代から文化や文芸、演劇活動にも熱心で、町会議委員になっても文化芸術への理解が深く、今回の小笠原白也についても大いにバックアップされました。『嫁ヶ淵』の復刻版編集者の一人でもあります。田所のどこからか白也の本や、演じた台本などが出てこないかと彼も力を尽くしています。

次は、白也の著作物についてちょっと詳しく紹介してみます。

 山陰中央新報に掲載された紙面です。風景とし紹介しましたので字は読めません。読みたい人は購入して読むか図書館でどうぞ。

 

第10回中四国詩人会鳥取大会のことなど

2011年9月25日第10回中四国詩人会・鳥取大会が開かれました。大会の主な様子を紹介します。島根県詩人連合会報に載せたものに少し手を加えています。

(講師は大阪交野市在住の金堀則夫氏。地域を掘り起こす詩や文学活動にも意欲的に取り組んでおられます)

第10回中四国詩人会 鳥取大会のことなど     洲 浜 昌 三

10回大会は平成22年9月25日、鳥取市の白兎会館で開催されました。島根が事務局を受けて最初の大会です。現在約200人の会員を擁していますが、文書作成や発送など任務は重大です。島根の事務局長で奮闘中の川辺さんには中四国の事務局長としても孤軍奮闘してもらいました。
開催地の鳥取では、副会長の井上嘉明さんをはじめ13名の人たちに裏方として大会の成功を支えていただき感謝しています。参加者は約60名。懇親会参加者、約50名。翌日の見学ツアー、32名。ほぼ例年の参加者数ですから中央から離れた(?)日本海側で開く大会としては大成功です。鳥取も島根もこういう詩の会に参加できる詩人は十数名で、それ以上は望めないのが現状です。
第10回中四国詩人賞は高知の萱野笛子(本名・福嶋富士子)さんの詩集「五丁目電停 雨花」ふたば工房発行)に贈られました。萱野さんは1937年長野県生まれ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、現代俳句協会会員。これは8冊目の詩集。


賞状の原文は山口の陶山選考委員長。大田市在住の書の達人に書いてもらうことに決め、お願いしました。しかしまったく予期していなかったのですが、3人の匠は丁重に辞退されました。その理由を聞いて納得しました。「賞状は人前に掲げられて永久に残るもの。形式もあり書くのがとても難しい」というのです。自分の無知を恥じながら4番目の達人を懸命に説得してやっと書いてもらいましたが、自分の安易さを再認識しました。詩集紹介を兼ねて、参考までに文面の中心を紹介します。

「あなたの詩集「五丁目電停 雨花」は場面が一点に絞られている上に表現の完成度が高く 強い印象を与えます 時間と空間を超え 現実と非現実とが微妙に混じり合った独特の世界に読む者を引き込み 深く考えさせ感じさせるこの詩集は選考委員会で高く評価されましたここに第十回~」
萱野さんに顛末の一部を冗談気味に話したら逆に感動の言葉が返ってきました。どの詩にも物語性があり読む者の心の中でイメージが自由に広がっていく魅力的な詩集です。
詩の朗読では鳥取から池澤真一さん、福田操恵さん、山口は秋吉康さん、広島は北村均さんの後任として理事になられた上田由美子さん、岡山ー田尻文子さん、香川ー大波一郎さん、徳島ー堀川豊平さん、愛媛ー柳原省三さん、高知ー大崎千明さん。そして島根は若手のホープ岩田英作さんの「千の晩夏」。島根の参加者4名を勇気付けてくれるいい詩でした。
講演は大阪交野市に在住の金堀則夫さんで、「わたしの<フォークロア>ー詩と郷土史かるたー」と題して話されました。金堀さんの意思的な情熱が滲み出てくる熱のある講演でした。住んでいる場所の地名や伝説、習俗などを徹底的に堀り下げていく重要性を具体的に自分の作品を例に語られました。「詩人は何かしないと地域と結びつかない」「中央こそ詩が根付いていない。地方にこそ詩の根がある」ー講演中の言葉ですが、印象に残りました。しかし金堀さんの詩は決して郷土詩ではなく、素材は郷土にあっても創作詩であることは明記しておかなければいけないでしょう。

懇親会では傘踊りや民謡が披露され、途中では山陰詩人の成田公一さんの名調「貝殻節」も飛び出し、準備された二次会も含め楽しい時間を過ごしました。

翌日はバスによる市内観光。鳥取城主池田家の墓所、万葉記念公園、鳥取城、歴史博物館、尾崎放哉の生家跡や墓、鳥取砂丘など歴史に造詣の深い手皮小四郎さんの感銘深い超名ガイド。小寺勇造さんや井上義明さんの親切な説明など実りの多いツアーでした。鳥取も大陸の文化の影響を受けている点では出雲と共通した香りがあるのを感じました。

たまたまぼくは「経家最後の手紙ー不言城の子供たちへー」という脚本を書いていました。秀吉の「喝え殺し作戦」で鳥取城が包囲され4千の城内の者が人肉まで食べる餓死寸前状態。城番の吉川経家は切腹して場内の者を助けましたが切腹直前にひらがなで大田市福光不言城の子供たちへ遺書を書きました。鳥取城や周辺のことを調べていましたので実に時期を得たツアーでした。
その日の夜には鳥取市から不言城見学のため三十数名の「鳥取吉川経家会」の人たちが大田へ来られ、夜は歓迎会が計画されていましたので、ツアーは途中で切り上げて大田へ帰りました。
11回大会は平成23年10月に高知県の四万十市で開催されます。四万十市在住の山本衛さんが引き受けてくださり、この大会で声高らかに力強い挨拶をされました。7月にお願いしたとき、「高知詩の会」の会長、小松弘愛さんは会としても全面的にバックアップすると言われ、懇親会の席では「高知独立論」を述べながら楽しいジョウクと温かい歓迎の言葉で宴を閉められました。
(付記)中四国詩人会ではいつでも会員を募集しています。また会員の方には理事をお願いする場合もあるかと思いますが、そのときにはよろしくお願いいたします。

高知四万十大会は平成23年10月1日(土)「新ロイヤルホテル四万十」で行われます。翌日は市内見学ですが幸徳秋水の墓地や上林暁文学碑、佐田沈下橋、トンボ公園、大江満雄詩碑などを見学します。講師は鈴木 漠氏で「連句裏面史から」と題して講演されます。参加費は千円です。誰でも参加できます。