福波小「経家最後の手紙」鳥取公演に大きな拍手

平成23年3月6日、大田市立福波小学校の全児童が出演した創作劇「経家最後の手紙」が鳥取市円護寺の中ノ郷小学校で上演されました。約400人の市民が観劇し大きな拍手を受けました。その舞台を夫婦で観に行かれた鳥取の詩人、手皮小四郎さんが当日のチラシと撮影された写真、日本海新聞を送って来られましたので紹介します。引率で参加された保護者からも、「大成功でした」というメールと写真が届きました。

これは鳥取公演用に作られ、当日入場者に渡されたチラシです。保護者の協力による手作りですが、とても良くできていて感心しました。

これはチラシの裏です。大切なポイントを押さえて簡潔に紹介してあります。吉川経家が切腹する直前に福光の不言城にいる子どもたちに宛てて書いた遺言状の原文と現代語訳を載せてあるのもいいですね。原文には誤字があります。「ひやう二つきはて候まゝ」は「ひやうろう二つきはて」だとおもわれます。「兵糧」です。心の動揺の精でしょうか。子どもにも読めるようにひらがなで書いているところに経家の深い心情を読み取ることができます。

これは鳥取を中心に発行されている日本海新聞に掲載されたものです。新聞のPRも兼ねて紹介させていただきます。                      中ノ郷小学校の講堂はとても大きいようです。書き割りのお城が小さく見えます。福波小学校の講堂の倍くらいある感じです。

子どもたちの後ろに建っているのは吉川経家の銅像です。小学校に経家の銅像があるのですから、いかに経家が敬愛され親しまれているかがわかります。上の2枚は保護者から送られてきたものです。

上の写真は鳥取の手皮さんの奥様が写された写真の一枚です。舞台の天井がとても高いのがわかります。ホリゾント幕やバック幕ではなく、とても派手な茶色の幕がつり下がっています。おめでたい式にはいいでしょうが、劇には邪魔ですね。島根ではこんな吊り幕がある学校はないでしょう。舞台の後ろは白いホリゾント幕、その前に黒いバック幕というのが普通です。白はいろいろな映像を写しいろいろな色を染めることができます。黒は無感情、無、なし、の象徴ですから前に立つ人物を邪魔しません。第一講演や式典の時でも目が疲れません。(何を言いたいのだ!)

鳥取の詩人、手皮小四郎さんからは手紙も届きました。個人的な箇所は省略して、この劇に関する主なところだけを紹介させていただきます。さすがは教育者で詩人。深い洞察と的確で示唆に富んだ言葉がたくさんありました。

「~ きょう6日、家内と市内の中ノ郷小学校へ「経家最後の手紙」を観に行きました。感銘深い観劇となりました。                  福波小全校児童生徒は、生涯にわたる宝物を共有したと思いました。  ~ 子供たちとその地の未来にかけがえのないものを残されたと思います。これは成そうとして成せるものではなく、時と場と人との、見事な交差が造ったものでした。とにかく児童全員参加が尊いことと思います。 ~ 終わって帰るとき、新聞記者から感想を聞かれて、家内が、歌「お元気ですか、お父さん」の時涙が流れたと言っておりました。      ~  野田、山縣なども登場して史実に忠実であったこともよかったと思います。ぼくは「山縣長茂覚書」を読んだときのあの臨場感を忘れることができません。以来四百数十年昔の単なる歴史物語ではなくなりました。~ 。」

中四国詩人大会が鳥取で開かれたとき、手皮さんには翌日の市内観光で素晴らしい案内をしていただきました。文学だけではなく歴史にもとても造詣が深い人だと感銘を受けました。いろいろ経家のことや鳥取城のことなどを質問しましたが深く多角的な視点で参考になる話を聞くことができました。

手紙を読んで、ぼくの思いとまったく同じであることがうれしいと同時に、尊敬する人からこのようなありがたい手紙をいただいたことに感謝する次第です。

福光小学校の児童生徒の皆さん、そして引率指導された先生方、保護者のみなさん、おつかれさまでした。

「子供たちとその地の未来にかけがえのないものを残された」貴重な公演でした。

Yプロジェクト 「ヘルメット ダンディ]大好評で終了

ヘルメットダンディ
 昨年も上演されましたが好評だったので手を加えて再上演されました。県民会館中ホールへ観にいきました。Yプロジェクトは今とても勢いがある劇団です。若いキャストがたくさん出演し、とても舞台に活気がありました。何のために働くのか、という現代社会の重いテーマに真っ正面から取り組んでいて好感がもたれました。

続きを読む Yプロジェクト 「ヘルメット ダンディ]大好評で終了

ジュニアーミュージカル「風花」「石見銀山物語」の公演終了しました

風花1
 大森の町並み交流センターで10月18日(日)大田市の子供ミュージカル「風花」の公演がありました。小さい子供たちから高校生までが「石見銀山物語」(脚本、作詞 佐藤万里)舞台で歌い踊り劇を演じました。伸び伸びとして楽しそうに演じていて素敵でした。以前公演した時はストリーも単純でしたが

続きを読む ジュニアーミュージカル「風花」「石見銀山物語」の公演終了しました

7/26 多彩な楽しい舞台 浜田で第2回地芝居大会 

どんぐり
 石央文化ホールで地芝居大会が開かれました。なつかしい芝居や舞踊、そして現代劇など様々な舞台が繰り広げられ楽しい時間をすごしました。上の写真は旭町の劇団どんぐり上演の『命の花』です。練習も行き届き、隙間のないいい芝居で没頭して見ることができました。皆さんとても上手ですね。

続きを読む 7/26 多彩な楽しい舞台 浜田で第2回地芝居大会 

はぐるま座 童話劇「天狗の火あぶり」公演

はぐるま座「天狗の火あぶり」
 2006年7月24日サンレディー大田で詩の朗読と童話劇が上演されました。約300人が鑑賞しました。はぐるま座は山口市を拠点に活動し、創立54年の伝統を持つ劇団で、現在2班に分かれて全国公演中。島根では10箇所で公演し大変好評だったようです。親子券(3千円)もあったので、幼児や小学生も多かったのですが、詩の朗読にも静かに耳を傾けていました。

続きを読む はぐるま座 童話劇「天狗の火あぶり」公演

Yプロジェクト公演「幸せのタイミング」

Yプロジェクト「幸せのタイミング」

 2005年(平成17年)5月8日(日)八雲村の「しいの実シアター」で松江市の劇団Yプロジェクトの劇をみた。この前は外国劇だったが今回は原案Yプロジェクトで、脚色・演出は劇団代表の坂井陽介さん。坂井さんによると数人で話し合い、それを坂井さんが脚本にしたという。脚本もよく出来ていて、劇も癖がなくすっきりとして、さわやかなコメディに仕上がっていて、楽しくみることができた。

続きを読む Yプロジェクト公演「幸せのタイミング」

第6回Milky-wayコンサートを大田市民会館で楽しむ

組曲石見銀山

 7月16日(土)大田市民会館で市内の合唱グループのコンサートがあり招待券をいただいて聞きに行きました。石見銀山の歴史と民話から舞踏劇「鶴」を3月に公演しましたが、その中で4曲コーラスで歌われました。作詞は洲浜、作曲は大田の大畑世利子さんです。その後頼まれて一曲作詞しました。コンサートで組曲「石見銀山」と題して大田市少年少女合唱団、大田高校合唱部、フレンズ・ウエーヴ、サウンド・コラージュのみなさんが歌いました。衣裳を着け、動きのある振り付けもあって楽しく聞くことができました。
 曲は「石見銀山世界の宝」「早春の仙の山に立つ」「世界へ開く銀の町」「銀を求めて」「銀の道」などです。目的は劇中歌として作詞したので、歌としての独立性があるかどうか心配な点もありましたが作曲の力でしょう、それぞれの歌がとても新鮮な感じがしました。

続きを読む 第6回Milky-wayコンサートを大田市民会館で楽しむ

「釈迦内棺唄」観劇記

「よかった」「感動した」という人が多いようです。実行委員の一人としては嬉しいことです。「面白くなかった」と言われたら責任を感じますからね。一方「暗い」「方言がが分かりにくい」などという感想もあります。十人十色ですから全員が満足する劇は不可能ですが、お世話をした側としては一安心です。大田高校生の反応も是非知りたいものです。

続きを読む 「釈迦内棺唄」観劇記