高校演劇

季刊高校演劇
19年度全国大会in松江は7月31日から島根県民会館ではじまります。三刀屋高校は8月1日2時半からです。12校の内11校の脚本が「高校演劇」に載っています。亀尾佳宏作「笑う女」も載っています。当日販売しています。多分1500円です。


190号には米子高校の大和屋かほる(森本剛)先生の「もう一つの《罪と罰》」も掲載されています。この作品は昨年の中国大会で高い評価を受けた劇です。大和屋さんも劇作研究会の同人です。

190号には洲浜の随想「演劇がわかり始めたとき緞帳が下りた」も載っています。島根での大会ということで編集部から依頼されて書いたものです。亀尾さんの劇のこと、自分の演劇のこと、高校演劇の出身者が地域の演劇文化を支えていることなどをエッセイ風に書いています。

中国地区では次の人たちが同人です。
鳥取ー森川剛、
広島ー伊藤隆弘、黒瀬貴之
山口ー石田千晶
岡山ー高森章
島根ー亀尾佳宏、洲浜昌三

事務局長は杉山三郎先生。169ー0075東京都新宿区高田馬場1-24-8。ホームページもあります。高校演劇劇作研究会で検索してみてください。

毎年全国大会の2日目に総会を開き、今年は松江のサンラポーむらくもで劇が終わってから開きます。

年間6000円で4冊と全国大会特集号を購読することができます。優れた高校演劇の脚本が掲載されるので、脚本を読むにはベストな季刊誌です。

投稿者:

suhama

1940年、島根県邑智郡邑南町下亀谷生まれ・現在、大田市久利町行恒397在住・早稲田大学教育学部英語英文科卒・邇摩高校、川本高校、大田高校で演劇部を担当、ほぼ毎年創作脚本を執筆。県大会20回、中国大会10回出場(創作脚本賞3度受賞)主な作品「廃校式まで」「それぞれの夏」「母のおくりもの」「星空の卒業式」「僕たちの戦争」「峠の食堂」「また夏がきて」「琴の鳴る浜」「石見銀山旅日記」「吉川経家最後の手紙」「父の宝もの」など。 著作:「洲浜昌三脚本集」(門土社)、「劇作百花」(2,3巻門土社) 詩集「キャンパスの木陰へ」「ひばりよ大地で休め」など。 「邇摩高校60年誌」「川本高校70年誌」「人物しまね文学館」など共著 所属・役職など: 「石見詩人」同人、「島根文藝」会員、大田市演劇サークル劇研「空」代表、島根県文芸協会理事、大田市体育・公園・文化事業団理事、 全国高校演劇協議会顧問、日本劇作家協会会員、季刊「高校演劇」同人、日本詩人クラブ会員、中四国詩人会理事、島根県詩人連合理事長、大田市文化協会理事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。