開運!なんでも鑑定団

おおだ子どもセンタ-だよりで知りましたが、三瓶小豆原埋没林の輪切り標本が開運!なんでも鑑定団に出品されたそうです。

山陰での放映は10月2日(日)、いくらの値が付くのか楽しみですね。


ところで、運送業のアルバイトをしていたときに、広島のふるさとフェアに出品する為、この標本を運んだことがあります。
あんまり高額だったらびっくりですね。

鑑定団では、「歴史的価値がある」というと、商品価値も極端に高いパターンと、学術的価値はあるけど、値段は付かないというパターンがありますよね。

今回は後者のような気がします・・・。
市場に出回らないものの値段なんかどうやってつけるのか、不思議ですね。

より詳しい情報は下記を見てみて下さい。
(陶芸ブログ 炎と土にたわむれて | 島根県立三瓶自然館サヒメル 埋没林より転載させていただきました)

山陰中央新報 – 三瓶埋没林標本がお宝鑑定番組に登場

三瓶小豆原埋没林公園

「開運!なんでも鑑定団」への1件のフィードバック

  1. なんでも鑑定団 鑑定結果

    開運!なんでも鑑定団で書きましたが、三瓶小豆原埋没林の輪切り標本画なんでも鑑定団に出品され、10月2日に放送されました。書いた手前、忘れずチェックしましたよ。見ると、前に運んだことがあるやつでした。自然館…

劇研『空』 WebLog(実験中) へ返信する コメントをキャンセル