R4,大田三中 文化祭で英語朗読劇「いも代官」発表

11月3日文化の日、文化祭の全員発表で今年は、朗読劇「いも代官」を英語と日本語で発表しました。今年も依頼されて劇研「空」のメンバーが支援に行きました。5年目になります。たくさん発表や展示の準備があり多忙な中で、全校8名の生徒さんは、短時間で見事にマスターし発表しました。背景画は「石東のあねさん」、英文訳は浅野先生とALTのステーブ先生。A long, long time ago, during Edo era. There was a local governor named Heizaemon. で始まります。
舞台発表も多彩です。弁論、合唱、楽器演奏、研修発表、各種展示。一人ひとりが最大の力を発揮しないといけません。みんなが主人公です。一期卒業生の「道順」(菅原道雄、長見順二さん)のトークと歌も素敵でした。
ステーブ先生には久しぶりに会いました。今も天領大鼓で活躍中。以前大田市人会総会で演奏するために一緒に大阪へ行きました(ぼくは「語り」で参加)。小谷校長先生にも久しぶりに会いました。みなさん頑張っておられて嬉しく思いました。生徒さんと先生方が一体になって取り組んでおらる成果がよくわかりました。少人数学校の良さですね。
3日は松本、山本君がオペラ「石見銀山」の京都公演のために、この文化祭には来られませんでした。ぼくも駄目かと思っていましたが、幸い前日退院、吉川さんと一緒に文化祭を見に行きました。みなさん、おつかれさまでした。
(ブログ:劇研「空」 活動報告 観劇 地域情報 20221107洲浜)

R4,第11回「朗読を楽しむ」好評裏に終わる(感想の一部紹介)

10月1日、予定通り大田市民会館中ーホールで開催しました。コロナの心配もあり、30名を想定して椅子を用意しましたが、約40名来て頂きました。アンケートも好評でした。そのうち劇研「空」会報23号に掲載しますが、ここではその一部を紹介し, 遅くなりましたが報告とします。参加された皆さん、協力頂いたみなさん、ありがとうございました。

トップは「空」の4人で「吾妻鏡」から当時の時勢を講談調で解説し「北条政子の演説」の現代訳、書き下し文を朗読しました。写真は鎌倉安養院の北条政子像。
「北条政子の演説」(松本、山本、吉川、洲浜)
・テンポ良く進行。掛け合いのような朗読がとても良かったです。・政子に衣装を着せて高い場所で語らせてみては。・政子の演説について初めて知りました。臨場感ある朗読で感動しました。・ラジオドラマの様でした。・鎌倉殿(TV)とマッチして、期待が膨らみました。・テレビを観ているので、関連付けて楽しかった。

大屋町の伝承「鬼の一夜城」(文 高橋和子 渡利章子 朗読)

・このお話が聞けてよかったです。・ふる里の文化を伝える役割ーとても大切です。
・鬼や村人の様子が目に浮かぶようでした。・味のある朗読で、来てよかった。
・鬼岩 先日行ってきました。今日の話を聞いて、よりロマンを感じました。

詩「ふるさとの道端で」(洲浜作 渡利章子 朗読)
・とても好きだった。良かった。・懐かしい気持ちになりました。・会話の部分がすっと胸に入ってきた。・良い詩でした。芝居仕立てで観たい。・邑南町の景色ですね。・ふる里の情景が浮かびました。・味のある朗読で、来て良かった!・その情景が浮かんできて、人の命のはかなさ、一期一会など感じました。

歌唱「琴姫愛歌」(歌、福田隆昌 作詞、松浦和敬)

・馬路の事、琴姫の事、あまり知らないのですが、鳴き砂と琴の音について関連しているのだと知りました。・とても良い詩で曲も素敵でした。レコード化して“IJC”で流されたら如何ですか。・地域を伝える歌、大切ですね。・いいメロディーに心地よい歌が良かったです。・初めて聴きました。琴姫伝説、鳴き砂、目に浮かびます。・ゆったりした愛歌うっとりしました。・松浦さん、いつまでもお元気で、笑顔で。

「川に飛び込んだお袋」(文 栗木義光)「あめ色の風景」(文 武田 穣 朗読 澤江洋子」
・澤江さんの人柄、語りに合っていました。澤江さんがそんなに高齢だとは…、びっくり!いつも上品で素敵です、ファンです。・地域の文化人 利三さんの業績が紹介されていて、タイムリーでした。(今はふるさと文芸は終了しているので)・お年とは思えない程迫力のある素晴らしい声でした。・高齢なのにしっかり朗読され素晴らしいです。・まず、お年に感嘆しました。あれだけ朗読されても息が切れていない、ほんとにお疲れさまでした。

朗読劇「あの夏 校舎は原爆病院だった」(脚本、洲浜昌三 朗読、松本領太、山本和之、吉川礼子、堤 浩隆)資料や記録、手記などから事実を紹介するとともに、映像や音学などを使用して楽しめる舞台として発表しました。特に献身的に看護された女学生、毎日100人規模で看護された婦人会のみなさんへの感謝をテーマにしてつくりました。写真は旧制大田中学校。女学校と共に広島陸軍第一病院分室でした。

・資料や写真、古文献等よく集められ感動しました。
・母校で起きていた事、今戦争の起きている国、ただただ平和を願いたい気持ちです。・大変貴重なお話をありがとうございました。
・母(93歳)学徒動員の話を聞いた事があります。今は認知症で覚えていない。多感な若い頃。校歌、母に聴かせてやりたかったです。涙なみだで聞きました。戦争は絶対にいけませんね。良い時間をありがとうございました。前は話しが少し長かったです。
・貴重なお話ですね、大田の歴史として是非残していただきたいです。ずっと知りたかった分院のお話が聞けたし、皆さんの演技のおかげでとても入ってきやすかったです。中学、高校で演じていただきたい。・いい話でした。

・大田や戦争中のことなど、知らないことだらけで勉強になりました。戦争中の女学生の姿を想像するといたたまれない気持ちになりました。平和な世の中がずっと続くことを願います。
・感動しました。今、子供たちに伝えるべき内容です。ぜひ又、どこかで上演してください。ありがとうございました。
・遠い過去の話、歴史の事実をよく調べて朗読。劇研「空」として大変良いシナリオ、良い朗読で、皆さん大変上手に発表され、大きな拍手 をお送りします。もっともっと市民の皆さんがみられたらと思います。今後も、何回も発表してください。

5人で発表する予定でしたが、直前に一人のベテランメンバーが参加できなくなり、そのセリフを4人に振り分けました。変化、多様性、個性の差を考えて台本を作っていましたので、想定外なことでしたが、朗読でしたので経験豊かな4人のメンバーで無事に終えることができました。朗読と劇では作り方は大きく異なりますが、劇として脚本に書き直しても面白いと思って観劇しました。みなさん、おつかれ様でした。ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。
(ブログ:劇研「空」活動報告 地域情報 観劇 20221010劇研「空」洲浜)

 

R3,第11回「朗読を楽しむ」(10/23)延期します

10月23日に予定していた第11回「朗読を楽しむ」は諸般の事情により延期します。未定ですが、来年1月末頃開催するかも知れません。演目も決め台本も書いて練習されていた人もあり、申し訳ありませんがご理解ください。
市民会館の朗読講座とともに詳細については後日文書などで、お知らせします。
第一部では、講談、詩の朗読、民話、二部では「あの夏校舎は原爆病院だった」を予定していました。朗読したいという方は、どうぞお知らせください。大歓迎です。
(ブログ:劇研「空」 お知らせ 演劇だより20211011 洲浜)

R3,大田三中 朗読劇練習開始 劇研「空」参加(9/7)

大田第三中学校ではこの6年間文化祭で全員参加で演劇発表をしてきましたが、今年は創作民話朗読劇「サヒメの大使命~海を越え石見の大地へ」を9月3日の文化祭で発表します。今日7日、最初の練習で劇研「空」も頼まれ、松本、山本、洲浜が参加し援助しました。あと二回(21,28日)行きます。みんな熱心なので楽しみです。

写真は体育科の正面にあった油絵と校歌です。温泉津出身の木島俊太郎先生の校歌はあちこちにたくさんあります。では、21日にまた行きましょう。どれだけ進んでいるか楽しみです。おつかれさまでした。
(ブログ:劇研「空」 活動報告 お知らせ 演劇だより 20211007 洲浜)

R3,6,島根演劇ネット総会は書面形式で承認しました

昨年に続き、島根演劇ネット総会は6月6日に予定されていましたが、今年度もコロナ禍により書面形式で行われ承認されました。決算、予算、各団体の活動報告はPDFで送信し、結果もPDFで届きました。劇研「空」の活動報告だけ紹介します。
2020劇研空

6月の市民会館講座「朗読を楽しむ会」は予定通り16日、30日、19時半から行います。

目下、「写真が語る 石見の100年」の写真解説を依頼され、古い写真の背景や記録を調べて書くために悪戦苦闘中でーす。我が屋のバラ。記事とは全く無関係です。
(ブログ:劇研「空」 お知らせ 島根演劇ネット 20210614すはま)

R3,読み合わせ『サヒメの大使命』予定通りです(1/20)

創作民話朗読劇『サヒメの大使命~海を越え石見の大地へ』の打ち合わせ、朗読練習は予定通り行います。大田市民会館会議室19時30分~21時です。今日は動画撮影のために関係者も来られます。絵は石田和歌子さんに頑張っていただいて14枚完成しました。one of themです。「2P騎馬軍団の大将」です。すごい迫力!ですね。
勝部和子さんに描いて頂いた絵20枚と合わせて合計34枚です。前回の脚本より絵が増え、絵が自ら語るので、語り手のセリフも説明にならないようにあちこちカットします。音響も進行中です。面白い動画ができそうです。
(ブログ:大田市演劇サークル劇研「空」 お知らせ 活動報告 20210120すはま)

R2,県民会館で『琴の鳴る浜』短縮版上演(11/23しまね伝統芸能祭)

島根県民会館大ホールで、創作音楽劇『琴の鳴る浜』短縮版を上演しました。島根文化振興財団(県民会館・石見芸術劇場)の企画で、9月から県内各地で開催されてきた最後の公演で、大田の『琴の鳴る浜』と益田の『SHOKI-鍾馗』、今福座の『和太鼓』演奏が公演しました。コロナ禍での公演でしたが、しっかり対策をして、大変好評裏に終了しました。リハーサルで記録した写真の一部を紹介します。
『琴の鳴る浜』がなんで伝統芸能なんじゃ?ぼくも最初はそう思いました。理由はこうです。平成31年3月に大田市民会館で公演したとき、観劇された県民会館の担当者が、「馬路の盆踊り」が劇中で踊られたのが面白かったので20分で上演できないか、と大田市民会館に声がかかり、動き始めたのです。

『琴の鳴る浜』は約2時間の舞台。劇中で馬路の盆踊りは3分弱です。この3分の盆踊りを中心に、生演奏で、合唱、ソロ、劇、語りで25分に構成したのが今回の短縮版です。子供たちがお琴さんと歌い遊ぶ場面やラストで僧(琴姫の父)が登場する場面はカットしましたが、重要場面で構成した「濃縮舞台」になり、迫力がありました。単調な盆踊を舞台で25分踊れば、観客は退屈しますが、この形式だと共に活きてきます。新しい発見がありました。DVDで見ても、短時間ですから効果的です。
今回もお琴さんは馬路出身のソプラノ歌手、松浦麗さんに演じていただきました。素敵な声がホールに響きました。
とても素晴らしい企画、素晴らしい舞台でした。みなさん、ほんとうにごくろうさまでした。おつかれさまでした。いろいろな人の力が集まって一つの舞台が出来上がるコラボレイションの素晴らしい成果を実感しました。
(ブログ:劇研「空」 観劇 活動報告 『琴の鳴る浜』 しまね伝統芸能祭  地域情報 20201124劇研空すはま)

 

 

 

R2,しまね伝統芸能祭で『琴の鳴る浜』上演(11/23県民会館)

今回の上演は、しまね文化振興財団が企画して、大田市民会館に提案され、実現しました。8月8日に「琴の鳴る浜」出演者に説明会があり、都合がつく人が参加することで動き始めました。馬路の伝統行事、盆踊りがメインの音楽劇です。

創作音楽劇『琴の鳴る浜』は2時間の舞台です。劇中にある3分弱の伝統のある馬路の盆踊り「やっちょこ」を核にして、約20分に短縮して上演したいという提案でした。 難題です。同じ動作が繰り返される単調な盆踊だけで、観客を20分引き付けるのは困難ですが、生演奏でコーラスや独唱が6曲、劇、語り、盆踊りなど取り入れて、魅力的な濃縮舞台が生まれたのではないかと思っています。
 (11月23日 開場13時、開演14時 県民会館大ホール、一般2千円、高校生以下千円、定員は500人を予定。前日18時30分集合リハ、当日10時30~リハの予定)

この劇は邇摩高演劇部初演。40年後に大田市民会館の提案で音楽劇として書き直して上演。朗読劇形式で公演。15分の朗読劇として仁万中学校が県音研大会で発表。プロの脚色、演出で公演 ー 今回の発表は、過去の実績の上に実現したといえます。大田市民の協力があったから実現した舞台です。企画、運営、練習場所、脚本、作詞、作曲、楽器演奏、合唱、合唱指導、演劇、歌、踊り、衣装 等々。
大田市ゆかりのソプラノ歌手・松浦麗さんの華が加わるのですから最高です。改めて、異分野の協力(コラボレイション)の力と魅力、大切さを思いまました。単独では実現不可能です。地域文化芸術活動のone of good examples といえます。

写真は11月12日の練習遠景風景です。当日は、衣装、メイク、合唱、演奏など40名以上参加します。素晴らしい舞台になる予感がします。大田市生まれの音楽劇が松江で公演できる機会などまずありません。県の文化振興財団のお陰です。滅多にない機会です。どうぞおいでください。
(ブログ 劇研「空」活動報告 お報らせ 地域情報 演劇だより20201116すはま)

R2,市民会館文化講座「朗読で楽しむ郷土の作品」9月予定

9月12日(土)大田市民会館中ホールで予定していた第11回「朗読を楽しむ」公演は、新型コロナウイルスのために中止したことはお知らせしましたが再度お知らせします。残念ですが、幸い、市民会館から誘いがあり、しまね文化振興財団が企画している「映像による配信」に参加することにしました。大田市民会館での収録は12月20日の予定です。三瓶山が多方面から注目されていますので、その三瓶山の民話を基に創作朗読劇『海を越えてサヒメの山へ』をプロジェクターで絵も投影して発表・収録したいと目下考えています。

大田市民会館の文化講座「朗読で楽しむ郷土の作品」は9月も次の予定で開きます。9月9日(水)、9月23日(水)19時30分~21時、会議室です。先月は各自が読みたいものを持参して朗読しました。旧制大田中学校、女学校が陸軍の病院に指定されて、約600人の原爆被爆者が運ばれて時の手記、民話、創作童話、詩、宮沢賢治の童話、芥川、太宰治などの短編が読まれました。昨年11月に出版された大野幸夫編『その昔こっぽり』の中からも石見弁で朗読しました。

大野さんは大田市在住ですが、大学時代に島大教授・田中瑩一先生の指導で昔話の調査をされ、その資料がたくさん保存されていたそうです。この本は大和村の黒川吾惣次さんが語られた昔話を活字にしたもので、65話載っています。方言の表記は難しいのですが、この本ではうまく表記されています。ぼくも石見の生まれですが、同じ石見でも大和村はちょっと違います。それにしてもこんなにたくさん昔話を覚えていて語られる人がおられたことに驚きます。最初の「水蜘蛛話」の冒頭を紹介してみます。「昔々あるところにのう、何だげなてえのう

蜘蛛淵と言う大きな淵があったげないのう。その淵にゃのう、~」

郷土の民話を素材にして、朗読劇や短編小説、劇にできればと思っています。何篇かは実現していますが、これは面白い!という話は、ありそうで少ない。目下、「海を越えてサヒメの山へ」や「出口がない家」「琴の鳴る浜」くらいです。三瓶の伝説を、先ず短い朗読劇に、と以前から考えていますが、考えるだけで何十年も過ぎています。「下手な考え休むに似たり」。誰じゃ、あんたぁ。

連日の記録的な猛暑です。畑の水遣りも少々では焼け石に水です。高文連の小説、随筆50篇近く読んで選考し、やっと昨日それぞれの作品の選評を書き終えました。例年の夏の大仕事です。まだまだ宿題山積。〆切の峰が押し寄せてきます。ガンバレ!
(ブログ 劇研「空」活動報告 演劇だより お知らせ 20200901すはま)

 

R2. 第11回「朗読を楽しむ」(9/12)中止します

大田市民会館で9月12日に計画していた劇研「空」主催、第11回「朗読を楽しむ」は、中止します。検討した結果、新型コロナの予測できない広がりや、影響を考え、残念ですが思い切って決断しました。その代わりに、島根文化振興課が企画している映像をによる発表に参加する予定です。創作朗読劇『海を越えてサヒメの山へ』を朗読と作画で録画します。三瓶山の伝説です。
この写真、何だかわかりますか。車?ノー、大田高校前にある記念碑です。「学校が原爆病院になった日から45年」と書かれています。臨時看護婦として、原爆被爆者を看護された皆さんが、忘れてはいけないと考え記念樹を植え、この小さな碑を建てられたのです。75年前の8月、校舎に大勢の被爆者が運ばれ、地元の人たちが世話をしました。当時の記録や手記を集め、9月12日に朗読や映像で発表する予定でした。中止しましたので、ここにその一部を紹介します。当時の体験者がほとんどおられなくなり、どんなことがあったのか知らない人が大多数です。
昭和20年4月10日、旧制大田中学校、大田高等女学校は広島第一陸軍病院の分院に指定され、7月末までに約1200人の軽症者がいました。8月6日原爆投下、広島の第一陸軍病院では、軍医や看護婦、下士官兵、軍属など564人いましたが、475人が死亡しました。8月9日大田へ軍人負傷者約300人が運ばれ、11日には更に重傷者約300人が運ばれてきました。大田の婦人会、警防団員、一般市民、女学校生は臨時看護婦として世話をしました。汽車で大田駅に着いた被爆者は、「軍衣はボロボロか全裸、全員ハダシ、血まみれの者、顔面が黒く脹れた者、目玉が飛び出た者、皮膚がズルズルとむけて両腕を前に垂らした者、全身火傷でウミが流れている者、それにハエが群がっている姿」を見た地元民は度肝を抜かした、と記録にあります。女学生や中学生はほとんど学徒動員で学校にいませんでしたが、25名の女学生は臨時看護婦として働きました。その一人だった勝部さんに体験記を書いて頂きました。『星空の卒業式ーあの日学校は原爆病院だったー」を大田で上演した時のパンフレットと会報6号に掲載しました貴重な文章です。PDFで紹介します。興味がある人はどうぞ。
R2. 「命の尊さと平和」勝部信子 (劇研「空」会報第6号より転載)

いつか発表したい希望はあります。関係資料や手記など、ご存じの方はお知らいただくと幸いです。ご存命の方もいらっしゃると思います。またお父さん、お爺さんが直接体験しておられる方もいらっしゃることでしょう。迎えに大田まで来られた人たちもたくさんおられるはずです。日記や文集などに書いておられる人もあるかもしれません。貴重な記録は、受け継ぎ、次の人たちへ手渡していきたいものです。
(ブログ 劇研「空」 お知らせ 演劇だより 20200812 劇研「空」洲浜 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。