H30、次回4/18は「出雲國風土記」(市民会館文化講座)

新年度に入り、大田市民会館文化講座の「朗読で楽しむ名作・古典」のチラシを作りました。PDFで紹介します。予定やテキスト、申し込み用紙もその中にあります。会館にも置いてあります。
H30 チラシ「朗読で楽しむ名作・古典」市民会館文化講座4,1

4月18日は、「方丈記」の「養和の飢饉」から朗読しますが、前回4人に朗読箇所を指定していますので、先ずそれを聞きます。その後「出雲国風土記」(原文と現代語訳)を順番に朗読します。5月23日は「古事記」の現代語訳朗読を予定しています。いつの間にか古事記や出雲風土記関係の本がたくさんたまりました。この中からベストな現代語訳を選びます予定です。
日 時:水曜日19:30~20:30
場 所:大田市民会館2F会議室
参加料:1回ごとに100円(会場費、印刷費)
対 象:興味がある人、聞きたい人、どなたでも
世話係:洲浜昌三(劇研「空」代表)
問い合わせ:℡ 0854-82-3040 洲浜 又は市民会館(82-0938)
聞いてほしい本や随筆などがあれば、どうぞ持ってきて朗読してください。大歓迎です。創作なども大大大大歓迎です。
(ブログ 劇研「空」お知らせ 地域情報)

H30 次回は「父帰る」「方丈記」です(3/14市民会館文化講座)

「朗読で楽しむ名作・古典」は、3月14日(水)19:30~大田市民会館2階会議室で行います。朗読する作品は、菊池寛の戯曲「父帰る」と「方丈記」の続きです。
方丈記は、前回、少し読みましたが、続きのテキストは作成して持参します。「父帰る」は大正6年の戯曲ですが、名作として戦後も盛んに上演されました。大田市の相生座で昭和25年ごろ観劇したという方がおられましたので、この作品を読んでみます。「方丈記」は前回の続きです。興味のある人はどうぞ。また、聞いてほしい本などありましたら、持参して朗読してください。
希望者はいつでも参加自由です。輪番に気軽に朗読しています。会場費100円です。上の写真は大田市の中心部、神田橋から大田小学校、大田高校方面をパチリ(今は音無しでした)。相生橋が見えます。渡ったところに芝居小屋「相生座」がありました。目下、相生座の資料を集めています。いつ建てられたかも不明です。どこかに資料はありまあせんかね。3月8日、「一日限りの相生座実行委員会」を開きました。7名参加。次回は今月26日サンレデイで開くそうです。(ブログ 劇研「空」お知らせ 地域情報 空の活動報告 すはま)

H30、次回の朗読作品は「高瀬舟」「方丈記」(1/24)

「朗読で楽しむ名作・古典」は、1月24日(水)市民会館の二階会議室で19時30分から開きます。今回は森鴎外の名作「高瀬舟」と日本三大随筆ともいわれる鎌倉時代の名作「方丈記」です。
テキストは作成して送りましたが、当日の参加者には用意します。「方丈記」は4ページくらい進むかどうか。文章は10行くらづつ順番に音読して感想など述べ合います。黙読では味わえない楽しみや面白みがあります。
来月の2月は、21日を考えていますが、各自が朗読したいものを持参して朗読するようにしたらどうか、という意見がでました。そうしたいと思います。そのつもりで作品を選らび本を持参して朗読してください。もしもの場合を考えてこちらでも用意します。作品は「坊ちゃん」「源氏物語」など考えています。写真は雪の大森です。朗読と何の関係もありません。
(ブログ stagebox おしらせ 地域情報 劇研「空」)

’18,新年おめでとうございます

平成最後の年、平成30年があけました。お元気で新年をお迎えのことと思います。今年もよろしくお願いします。
昨年は地味な活動でしたが、市民会館カルチュアー講座、「朗読で楽しむ名作・古典」を毎月続けました。9月9日に、第8回「朗読を楽しむ~石見銀山特集~」を市民会館中ホールで開催。大田市文化プロデュースネットワークで、相生座の調査も続きけました。大田三中の演劇指導もありました。

今年は6月下旬にサンレディホールで、「一日限りの相生座」(仮称)が計画されていて、協力する予定です。カルチュアー講座での朗読、9月には第9回「朗読を楽しむ」も予定しています。2月24、25日には県民会館で「しまね演劇コンクール」があり案内がきています。6月末には島根演劇ネットの総会があります。

未決定が多い状態ですが、そのうち決めたいと思います。よろしくお願いします。ご協力ください。(ブログ 劇研「空」)

H29,市民会館講座 朗読今日は「葉桜と魔笛」(11.29)

大田市民会館カルチュアー講座、「朗読で楽しむ名作・古典」。29日は太宰治の「葉桜と魔笛」「ごん狐」です。
時間は19:30~20:30。プリントアウトしてし持参します。「葉桜と魔笛」には石見の浜田がでてきます。日露戦争のときの日本海海戦のこともでてきます。写真は朗読と無関係です。(ブログ 劇研空 すはま)

H29,大田三中全校演劇発表終了ー協力と集中の成果ー

昨年に続いて全校で取り組んだ演劇「グッド・バイ・マイ‥」が文化祭で上演され大変好評でした。行事との関係から、10月10から取り組み、28日に上演するという短期決戦です。生徒の演出を中心によくまとまり、集中力を発揮して本番では観客を感動させる舞台となりました。キャストとともに、大道具、小道具、衣裳、音響、照明など裏方を担当したみなさんが、責任を持って力を発揮されたことがよくわかる舞台でした。
劇研「空」は19日と26日の午後の練習でアドバイスをしました。本番は都合がつかず観劇に行けなかったのですが、松本さんが時間を割いて観に行ってくれました。どんな感想だったか読みたい人はどうぞ。島根日々新聞は31日付けで大きく取りあげていましたので、縮小して紹介させていただきます。(ちゃんと読みたい人は購入するか図書館でどうぞ)
H29, 「グッド・バイ・マイ…」を観劇して~

三中は来年も演劇に挑戦するそうです。校長先生や担当の先生によると、生徒たちの自主性、発表力、積極性を伸ばすために全校で演劇に取り組んでいるとのことでした。演劇は児童生徒の成長に大きな役割を果たすことはわかっていても、手間、場所、時間、道具、音響、照明、さらに指導力も必要なために、最近では文化祭で取り組む学校は島根では、ほとんどなくなりました。長い間、合唱、ダンスが主流です。そういう中での演劇への挑戦。貴重です。

劇研「空」の目標の一つは、小、中、高校演劇などへの協力です。そういう意味で少しでも協力できたことは幸せです。みなさん、おつかれさまでした。(ブログ  劇研「空」地域情報、観劇、活動報告 すはま)

H29 大田三中文化祭で全校演劇発表(10/28)

昨年も感動的な劇を上演しましたが、今年も全校で取り組んで「グッド・バイ・マイ・・」を上演します。19日、26日には劇研「空」のメンバーが援助に行き、演技やセリフの指導をしました。ひと昔は演劇発表が定番でしたが、島根では最近、小中学校で演劇に取り組む学校はほとんどありません。大変だからでしょう。それだけに三中の取組は貴重な存在です。自主性、発表力、コミューニケイション力を身につけることが目標だそうです。上演は10月28日(土)10:00~約1時間です。体育館では陶芸展や生徒さんが作成した神楽面などの展示もあります。素朴な味がステキです。
都合がつく劇研「空」の人たちは是非観劇に行ってください。誰でも観劇できますので、近くの人はぜひ行って生徒たちの発表に大きな拍手を送ってください。ぼくは28,29日は加茂町ラメールで島根県高校演劇大会があり、三中の劇は観られません。ザンネン。三中の皆さんの健闘を祈っています。(ブログ 劇研「空」すはま)

 

H29,朗読で楽しむ名作・古典ー「走れメロス](10/25)

大田市民会館カルチュアー講座、「朗読で楽しむ名作・古典」は予定通り10月25日(水)19:30~21:00、2階会議室で開きます。今回は太宰治の「走れメロス」と「徒然草」の序と一段を朗読します。参加予定者にはテキストを作成して郵送したり、メールで送信しました。参考までにどんなテキストかPDFで載せておきます。
H29,朗読用 「走れメロス」 11ページ2段11P19行

当日も印刷した冊子は数部だけ持参します。誰でも参加自由です。会場費等で一人100円負担です。輪番に朗読して、感想など話し合います。写真は朗読とは無関係です。字だけでは淋しいので庭の彼岸花で華をそえました。(ブログ 劇研「空」すはま)

H29, 市民会館文化講座「朗読で楽しむ名作・古典」(9/27)

9月27日(水)19:30~21:00 大田市民会館⒉階会議室で予定通り「朗読で楽しむ名作・古典」を行います。前回は古事記の冒頭を現代文と原文で朗読しました。今回は平家物語巻11から、「那須与一」と「弓流し」を原文と現代文で朗読します。

PDFで原文を紹介します。できればプリントアウトして読んでおいてください。当日は原文と現代文を用意して渡します。参加者は会場費100円。参加自由です。順番に朗読して、感想など自由に話しています。写真は平家物語と無関係です。今年福島で見た相馬の馬追です。観衆2万。素敵でした。
朗読用 原文 那須与一 「平家物語巻11」より 2段11ポ18行 9,25

H29 第8回「朗読を楽しむ」ー石見銀山特集ー好評裏に終了

今年は石見銀山世界遺産登録10周年。我が劇研「空」もそれを記念して銀山特集としました。朗読に適した作品(長さ10分以内、感動や発見があり完結した作品)を探すのは簡単なようで大変です。創作しないと、まずありません。でも皆さんのご協力でどうにか好評裏に終えることができました。ありがとうございました。
上はパンフレットの表紙(1ページ)です。内容(2、3ページ)を見たい場合は次のPDFを開いてください。記録として載せます。
第8回朗読を楽しむパンフ2P (2)

第8回朗読を楽しむパンフ3P (3)

中ホールですからキャパは限界があります(約100人)。60人~80人を想定して椅子を並べました。結果は65人。ほぼ想定内でした。アンケートには、「少なくてびっくりした」とか「もっと宣伝したらどうか。ポスターも作ったりして」と厳しい声もありました。いつも頭が痛い。苦労するところです(PRの仕方、経費)
参考までにアンケートのほんの一部を引用させていただきます。「いろんな角度から銀山を描き出してあり興味深かった。10周年にふさわしい内容だった。一般の人に理解しやすい気がした」「銀山は大森のこととして考えるのではなく、こんな形だと、すごく親しみがあり、大田市全体の石見銀山だと思ってもらえる気がした」


「朗読を聞きながら、映像がいろいろ描かれ、心和む時間になりました」「石見銀山について理解が深まりました。井戸平左衛門の人柄に感銘をうけました」「音がとてもきれいでよく聞こえました。学生さんも招待して聞かせてあげたいと思いました」
「石見銀山について、知ってるようで知らないことが多い。このようなイベントに参加して聞くことは勉強になりました」「毎回いろんなジャンルのことが企画され楽しめます」「歌に透明感があり、張りのある声に感動しました」「石見銀山の歴史がいろいろ学べてよかったです」
最近は民謡を身近に聞いた人は少ないようで、とても感動したという人も多かったようです。「ナレーションが長すぎる。自画自賛にならないように」という批判もありました。「マイクなしでやってほしい」とか「セリフは覚えて演じてほしい」などの言葉も。いろいろ反省すべきことがあります。来年のことは分かりませんが、やるとすれば、いろいろと企画の基本から考え直す必要を感じます。

最後に島根日日新聞に取り上げていただきましたので、遠景写真として紹介させていただきます。限られたスペースで客観的に過不足なく、そして特徴を的確に紹介しておられます。文化集団にとって、このような見識のある記事はとてもありがたいものです。実際に見た人は自分の感覚でその舞台を評価できますが、見ていない人には、その記事だけが唯一の判断材料になるからです。出雲はこういうメディアがあり、いいですね。

9人が次々と朗読しますので、退屈されないかと心配しました。また、短い朗読だけでは、わからないことも多いだろうと考えて、司会者はある程度わかるように内容や朗読者のことも紹介しました。結果としては、多彩な朗読として楽しんでいただけたようです。また、石見銀山といえば、大森のことだと思っておられる人が意外と多く、このような昔話、人物物語、詩などを通して、今まで知らなかった銀山のことを知り、大森だけの銀山ではない、という親しみを持たれた人もあったことは、新たに知ったことでした。舞台芸術や文学が持っている力なのでしょう。

みなさん、おつかれさまでした。ご協力ありがとうございました。そのうち記録として劇研「空」会報20号を作ります。何か書きたい人は原稿をメールで送ってください。そのうち完成したら送ります。(ブログ 劇研「空」すはま)