4/18人間国宝 酒井田柿右衛門氏大田で講演

酒井田氏講演
 人間国宝14代酒井田柿右衛門氏が大田のサンレディーで講演されます。18日13時30分からです。チケット1000円です。絶好の機会です。どうぞ。


 大田市文化協会設立35周年記念行事として開催されます。会長の勝部義夫さんが日大の演劇学科で学んでおられたとき、一緒に下宿していたそうです。勝部さんのたってのお願いではるばる大田へこられます。そういう関係が無ければ大田なんかへこられることはまずないでしょう。1000円で講演など不可能です。世界中を飛び回っておられる多忙な人間国宝です。

 焼き物が好きな人には二度とない絶好の機会でしょう。しかし我が周辺には焼き物狂いがいません。大田市文化協会の理事として前売り券を売る役目ですが売れませぬ。是非是非行きたいという人があればいつでもお送りします。

 19日には陶芸絵付体験教室が温泉津で開かれ酒井田さんも指導されます。

 新パソコンで初めて書いています。うまくいくかどうか全くわかりませんが送信してみます。いくぞ、えい!

投稿者:

suhama

1940年、島根県邑智郡邑南町下亀谷生まれ・現在、大田市久利町行恒397在住・早稲田大学教育学部英語英文科卒・邇摩高校、川本高校、大田高校で演劇部を担当、ほぼ毎年創作脚本を執筆。県大会20回、中国大会10回出場(創作脚本賞3度受賞)主な作品「廃校式まで」「それぞれの夏」「母のおくりもの」「星空の卒業式」「僕たちの戦争」「峠の食堂」「また夏がきて」「琴の鳴る浜」「石見銀山旅日記」「吉川経家最後の手紙」「父の宝もの」など。 著作:「洲浜昌三脚本集」(門土社)、「劇作百花」(2,3巻門土社) 詩集「キャンパスの木陰へ」「ひばりよ大地で休め」など。 「邇摩高校60年誌」「川本高校70年誌」「人物しまね文学館」など共著 所属・役職など: 「石見詩人」同人、「島根文藝」会員、大田市演劇サークル劇研「空」代表、島根県文芸協会理事、大田市体育・公園・文化事業団理事、 全国高校演劇協議会顧問、日本劇作家協会会員、季刊「高校演劇」同人、日本詩人クラブ会員、中四国詩人会理事、島根県詩人連合理事長、大田市文化協会理事

「4/18人間国宝 酒井田柿右衛門氏大田で講演」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    焼き物のことはよく分かりませんが、人間国宝の話というのに興味があります。
    とりあえず一枚頂きたいのですが、どちらに伺えばよいですか?

  2. なんと!
    見てくださる人がいるんですね!
    その上、反応までしてくださるなんて!
    (なんか急にあやしい尊敬語、いや丁寧語?)
    無反応に慣れ親しんで生きてきましたので、ここを見ていませんでした。いま見て感動して震えています。
    石東のあねさんの元へ何かの方法でお届けします。
    moneyは当日でもかまいません。係に言っておきますので。謝謝謝x100 

sss へ返信する コメントをキャンセル