組曲「石見銀山」発売(大田市文化協会)

CD「石見銀山」
大田市文化協会30周年記念で上演した舞踏劇「鶴」で歌われた歌を中心に収録されたCDが2007年に文化協会から発売されました。コーラスは大田市のサウンド・コラージュです。


録音風景
コーラスの曲目は次のとおりです。
「早春の仙の山に立つ」
「銀を求めて」
「世界へ開く銀の町」
「花の都」
「僕らの町 石見銀山」
「石見銀山世界の宝」

その他に大畑世利子さんのピアノソロと大畑茂樹さんのギターソロが入っています。作曲は大畑世利子さん、作詞は「僕らの町石見銀山」は松浦由佳さん、他の曲は洲浜昌三です。

録音は5月13日に大田市民会館ステージで行われました。中村ブレイスの協力で制作は大田市文化協会、CDのデザインは大田高出身の大畑欄さんです。
組曲2
入手したい場合は大田市文化協会へ問い合わせてください。

〒694ー0064 大田市大田町大田イ128
電話 0854ー82ー6240
有線 2031-1

劇研空も参加した石見銀山の歴史を舞踏劇にした舞台から思わぬものが生まれました。いろいろな人と出会えば思わぬものに発展していきます。

(このブログは実験中ですが、劇研空の活動と共に大田の文化活動も紹介しています。大田の文化をPRするような場がほとんどないからです。個人のものではなく修平さんが管理するstageboxのブログなので個人的なことは書かないようにしていますが、いろいろ実験してみたいこともあります。単なる活動報告では読む人もつまらないかも知れませんし、かといって有名人のブログならいざ知らず無名人の感想や動向が書かれていても読む人はいないでしょうし読んでも時間の無駄ですし難しいところです)

投稿者:

suhama

1940年、島根県邑智郡邑南町下亀谷生まれ・現在、大田市久利町行恒397在住・早稲田大学教育学部英語英文科卒・邇摩高校、川本高校、大田高校で演劇部を担当、ほぼ毎年創作脚本を執筆。県大会20回、中国大会10回出場(創作脚本賞3度受賞)主な作品「廃校式まで」「それぞれの夏」「母のおくりもの」「星空の卒業式」「僕たちの戦争」「峠の食堂」「また夏がきて」「琴の鳴る浜」「石見銀山旅日記」「吉川経家最後の手紙」「父の宝もの」など。 著作:「洲浜昌三脚本集」(門土社)、「劇作百花」(2,3巻門土社) 詩集「キャンパスの木陰へ」「ひばりよ大地で休め」など。 「邇摩高校60年誌」「川本高校70年誌」「人物しまね文学館」など共著 所属・役職など: 「石見詩人」同人、「島根文藝」会員、大田市演劇サークル劇研「空」代表、島根県文芸協会理事、大田市体育・公園・文化事業団理事、 全国高校演劇協議会顧問、日本劇作家協会会員、季刊「高校演劇」同人、日本詩人クラブ会員、中四国詩人会理事、島根県詩人連合理事長、大田市文化協会理事

「組曲「石見銀山」発売(大田市文化協会)」への1件のフィードバック

  1. CDの定価は千円だそうです。
     CDといえば大田高を最近卒業したKONDO NATSUKOさんが歌手としてデビュー。昨年CDを発売しています。天領太鼓代表の近藤先生の娘さんです。大田高を卒業し音楽の専門学校で勉強し今回のCDリリースです。
     近藤先生から購入して何度も聞きましたが、とてもすばらしい声で歌っています。高音が実に澄んでいて頭がスーンと澄み渡る感じです。
     いいきっかけがあったらヒットすること間違いなしです。実力派です。本格派です。そのうち写真入りで紹介します。CDは1500円。
     大田出身ですから応援したいものです。
    CD希望者は近藤整骨医院に行けばありますよ。

ss へ返信する コメントをキャンセル