「表現ワークショップ」開催講師は伽羅さん

DSCF0016.JPG
島根演劇ネット主催でワークショップを開催します。
時:平成20年1月27日(日)13:30~15:30 大田市民会館中ホール 定員40名参加費1500円
25日:松江市朝日公民館19時~21時
26日:松江農林高校(高校生対象)13時30分~
26日:松江農林高校(一般対象)20時~22時


申し込み先:島根演劇ネット事務局
690ー2105 松江市八雲平原491-1しいのみシアター

℡ 0852ー54ー2400  fax 0852ー54ー2411
メールでの申し込みもOKです。

DSCF0017.JPG

ゲームを楽しみながら、新しい自分を発見しましょう。
劇研空は大田会場の主管です。どれくら参加していただけるか一抹の不安もありますが、出雲、江津、浜田、邑智なども
範囲にはいります。興味がありそうな人が友達にいたら是非
紹介してください。

参加されたらきっと「新しい自分」を発見されるでしょう。
演劇関係者だけが対象ではなく、幼保小中高の先生、福祉関係で働いている人、医療関係で働いている人、人間相手の仕事をしている人・・・是非参加してください。

大都会ならいざ知らず、大田市でこんなワークショップは滅多にありません。

投稿者:

suhama

1940年、島根県邑智郡邑南町下亀谷生まれ・現在、大田市久利町行恒397在住・早稲田大学教育学部英語英文科卒・邇摩高校、川本高校、大田高校で演劇部を担当、ほぼ毎年創作脚本を執筆。県大会20回、中国大会10回出場(創作脚本賞3度受賞)主な作品「廃校式まで」「それぞれの夏」「母のおくりもの」「星空の卒業式」「僕たちの戦争」「峠の食堂」「また夏がきて」「琴の鳴る浜」「石見銀山旅日記」「吉川経家最後の手紙」「父の宝もの」など。 著作:「洲浜昌三脚本集」(門土社)、「劇作百花」(2,3巻門土社) 詩集「キャンパスの木陰へ」「ひばりよ大地で休め」など。 「邇摩高校60年誌」「川本高校70年誌」「人物しまね文学館」など共著 所属・役職など: 「石見詩人」同人、「島根文藝」会員、大田市演劇サークル劇研「空」代表、島根県文芸協会理事、大田市体育・公園・文化事業団理事、 全国高校演劇協議会顧問、日本劇作家協会会員、季刊「高校演劇」同人、日本詩人クラブ会員、中四国詩人会理事、島根県詩人連合理事長、大田市文化協会理事

「「表現ワークショップ」開催講師は伽羅さん」への1件のフィードバック

  1. 昨年末に大田の准看学校でチラシを生徒さんに配っておきましたが、先日、「当日行ってもいいのですか」と聞かれました。「だれが?」と聞いたら「母が」ということでした。うれしいいいい!
    劇研空のメンバーなどにも郵送して興味がありそうな人には勧めてほしいと手紙を入れました。参加者が増えるようにご協力を!

suhama へ返信する コメントをキャンセル