島根演劇ネットの運営委員会開催

会長の園山土筆さんから「運営委員会」開催について文書がきました。2月3日、4日(日)八雲町アグリーパークで開かれます。参加してください。希望者は24日までに知らせてください。目下3名は行く予定です。日程は次ぎのとおり


2月3日(土)15:00集合、会場準備
       15:30運営委員会開始
       18:30交流会準備
       19:00交流会開始
2月4日(日)  9:30運営委員会再会
       11:30終了
       12:00解散
宿泊費一人2千円、食費2千円(交流会費、朝食代)
差し入れ持参大歓迎

島根演劇ネットとして今年度どの様な行事を行うかが主なテーマです。各団体が短い劇を上演して批評し勉強しあう、という案もあり、ワークショップという考えもあるようです。夏の総会へ修平さんが出席してくれましたが、その時の話しが土台になるのでしょう。

投稿者:

suhama

1940年、島根県邑智郡邑南町下亀谷生まれ・現在、大田市久利町行恒397在住・早稲田大学教育学部英語英文科卒・邇摩高校、川本高校、大田高校で演劇部を担当、ほぼ毎年創作脚本を執筆。県大会20回、中国大会10回出場(創作脚本賞3度受賞)主な作品「廃校式まで」「それぞれの夏」「母のおくりもの」「星空の卒業式」「僕たちの戦争」「峠の食堂」「また夏がきて」「琴の鳴る浜」「石見銀山旅日記」「吉川経家最後の手紙」「父の宝もの」など。 著作:「洲浜昌三脚本集」(門土社)、「劇作百花」(2,3巻門土社) 詩集「キャンパスの木陰へ」「ひばりよ大地で休め」など。 「邇摩高校60年誌」「川本高校70年誌」「人物しまね文学館」など共著 所属・役職など: 「石見詩人」同人、「島根文藝」会員、大田市演劇サークル劇研「空」代表、島根県文芸協会理事、大田市体育・公園・文化事業団理事、 全国高校演劇協議会顧問、日本劇作家協会会員、季刊「高校演劇」同人、日本詩人クラブ会員、中四国詩人会理事、島根県詩人連合理事長、大田市文化協会理事

「島根演劇ネットの運営委員会開催」への1件のフィードバック

  1. 運営委員会終了しました。
    出席はあしぶえの園山さん、有田さん、小岩崎さん、劇研空は洲浜、山本、松本、Yプロジェクトは坂井さん、知子さん、原さん、影山さん、きらめき弾は大島さん、余村さん、二日目に即興日和リプルスの後藤さん(島根演劇ネットへ加入承認)
    会議のあと夜は楽しく交流会。次の日は会議のあと劇研空の資料から詩の朗読をやり、掃除をして12時に解散しました。具体的に決まったことは次のことです。
    1.平成19年5月27日(日)島根演劇ネット総会
    1.平成20年1月に講師を呼んでワークショップを行う
      予定は25日Yプロジェクト+一般対象
         26日きらめき+一般
         27日大田市で劇研+一般対象に午後1時半か       ら3時半まで
    事務局でチラシの原案をつくる。文化ファンドの後期募集に申請する。ワークショップは表現やコミューニケイションを第一としたものとして学校の先生や看護師、福祉関係の人たちにも参加を呼びかける。
    以上のようなことが決まりました。

suhama へ返信する コメントをキャンセル